August 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

仕事はじめ

今日から仕事初めです。

 

お盆はゆっくりされました?

東京は、ずーっと雨で、寒い夏でした。

 

大阪出身の私としては、あの蒸せ返るような夏が恋しくて

たまりませんでした。

 

んで、まずは休みはとくに何をしていたわけではないのですが、

一番は、松山選手ですね。

 

ゴルフのレベルは、もう世界一の領域にいると思います。

しかし、日本人初のメジャー制覇。

 

これをなんとも成し遂げてほしいと願うばかりです。

テレビで見ていると自分も同化していくほど応援してしまいました。

 

まず、僕はなぜ彼をそこまで応援するか?

文化、風習、スタイル、言葉、食べ物、国内の時差、の全ての違いのあるところで、

体を慣らしていき、戦うことの大変さ。

 

自分の体験からおおかた想像がつく、アメリカで生活していくことの大変さ。

更に移動に次ぐ、移動。

 

いくら大勢のサポートがついているといえ、とてもとても大変だと思う。

 

移住して最初の壁は、そこだと思う。

どこまで、その空気になじむか?

 

そもそも志やハングリーさがなければ、その場で戦うことすらできない環境。

まして、戦いにいくということは、その環境をいち早く取り入れ、

戦う環境をつくらなければならないということ。

 

ちょと話はずれるが、移民だってそうだ。

国を離れ、違う文化の中で、長い年月生きていく

そして、戦っていくということは、よほどハングリーでなければ

できない。

 

その国の中だけで、生ぬるく生きている人にとっては上面だけ見ると脅威であるかもしれない。

しかし、脅威だと弱い人たちは、群れる、群れることによって、力を誇示しようとする。

 

又逆もある。

志もハングリーも何もない移民は、労働力を単に奪ったり、社会保障費がかかると言って

排斥の雰囲気を味わうことにもなる。

 

受け入れる側も行く側もそれだけの志、ハングリー、覚悟がなければ、

勝負すらできないのだ。

 

本当に力があり、夢中で戦っている人は、全ての挑戦者を受け入れ、

そして、勝負をしていく。(実は、アメリカという国は、そういう

空気に包まれているのだ)

 

 

ひとつのルールにのっとり、シンプルに勝負をしていく、

どんな人であれ、挑戦者には変わらないのだ。

 

しかし、そのシンプルで自由なフィールドは、更にハードルがあがる。

自らが、鍛錬し、その場所になじむよう努力をし、いやなことも、

そのコミュニティーに時間を費やすこともしなくてはならないのだ。

 

何もかも自分勝手で、できるものでもない。

 

シンプルに、戦う。

松山選手は、それを具現化していて、戦っている。

そうして、もうすぐ、本人の夢、日本人の夢、メジャー初制覇まで

手が届こうとしている。

 

こんな嬉しくて頼もしいことはないのではないでしょうか?

最終日、単独トップにたったときは、胸がどきどきしました。

 

なんせ、眠さをこらえてますから(ビデオも撮りますが、見たくなるんですねーやっぱり生で。)

涙腺も緩くなってます。。

 

最後は勝負のつきでした。

ちょっとした、勝負の女神が、おあずけとしてくれたような感じがしました。

 

松山選手の涙。以上に自分がぼろぼろと泣いてしまいました。

 

でも僕も楽しみが又増えました。

 

松山選手、夢をありがとうございました。

そして、来年は、メジャー1勝、いやグランドスラムを狙ったってください!

 

ということで、今日から、年末まで、又宜しくお願い致します!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

子どものけんか〜 にゃんたろうvol32

お互いにけんかをはじめたところで何のメリットもない。

誰かと誰かがけんかしても誰も得をしない。

 

さて、子どもの同志のけんかもこんな感じか。。

9.11 みなさん気をつけましょう。

最後は自分の身は自分で守るしかない。

 

 

にゃんたろう 4コマ漫画

絵rin 文はじめ 

 

首をかえても、、、にゃんたろう4コマ vol.31

日本という国は、エネルギーや資源が少ない国です。

だから、経済や技術分野、研究分野が突出するくらいの能力を

発揮しないと、世界と渡り合えません。

 

極めて重要なのは、経済が強いということは、安定した国づくりの

基盤になるということです。

 

もっともっと大胆な経済政策を打ち、経済を活性させる必要であると思うのは、

まともな経営者だと当たり前なんですが、なかなか政治主導にはなってません。

 

にゃんたろう

絵rin 文はじめ 

8月8日 明日は第54回朝勝つ!

多くの人に参加して頂きありがとうございました!

アイルランド、北京、鹿児島、宮崎、スカイプ参加お疲れさまでした。

 

今月も頑張って、また来月会いましょう!

そして、遠慮なく次回もご参加お待ちしております!

次回は9月8日(金)朝7時スタート!

 

 

皆様

 

明日は、第54回 朝勝つです!

 

永田町から見る、ニュースに出ない裏話

から

経済、

起業家マインドをいれて、お話できればと思います!

 

定員はオーバーしていますが、

熱い気持ちが伝われば、受け入れます!

 

朝勝つエントリーはこちら

(熱いメッセージがあれば、受け入れますので、宜しくです!)

 

朝勝つエントリークリック

 

 

 

大人の夏遊び

大きな志と夢があって

2人で過去にしっかりと実績をしっかり出していて

お互い別のフィールドで又戦ってお互いプロであって

更に夢を話して、次のステップに挑戦する。

 

2日間、朝から、日暮れまで、少年のように野山を駆け巡りました。

 

単にゴルフをするという競技ではあるけれど、

ゴルフから、学ぶことは、やっぱり多い。

 

その学びの質は、自分の生きる姿勢によると思う。

本当にやりきっている人生なら、(僕は今回のゴルフで、まだまだやりきってないこと

マックスでやることを再び悟りました)よりよいゴルフが楽しめると思う。

 

課題抽出、ルーチンの大切さ、おごりの気持ち、緊張感と集中力

目指すべきもの、木を見て、森をみず、、、数えあげれば、きりがない。

 

2日で、1.5Rずつ。

50過ぎるとなかなかこの夏の炎天下と蒸し暑さの中は、

大変。ではあるが、

 

やりきりました。

 

体が動く間は、やっぱりマックスでやって行きたい。人生も仕事も生き方も全て。

 

やっぱり、僕らしくマックスで生きるべきと思いました。

 

上質?な成り上がり人生。

上質なゴルフ場

そこそこのゴルフの腕。(→ここもうちょっと伸ばしたいけど。。)

 

楽しい楽しい、体が痛い2日間でした。

 

さて、また、語らいの中で夢が増えました。僕達は夢はどんなことがあっても現実にしてきた

ものですから。今回も同じ。

 

本気ですから、日本活性。乞うご期待を。

 

霞ヶ城ゴルフクラブ にて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ダイバーシティー富士登山2017

ダイバーシティー富士登山 2017

 

太平洋上に台風が2つ

 

前線が、東北から関東まで。

予報は、曇り、一時、局地的豪雨。

 

行きますか?あなたが主催者の長であったら?

悩んだ1週間。

 

それでも東京駅に朝7:30に集合。

一番遠い人は、大阪から夜行バスで2名。

 

一番遅刻に心配な人も今日だけは、早めにくる。

障がいがある人程、遅刻をしない。

むしろ一番に来る。これだけでもいい学びです。

 

さて、出発

天気曇り。

 

バスの中は体力温存。

 

御殿場インターを降りると

雲が分厚くなる。

 

そして、山道に入ると、霧雨に変わる。

そして、霧で視界がどんどんなくなる。

 

5合目到着

もはや、霧で一寸先も見えない。

 

集合までのつかの間、山小屋に入ると

もう気がつくと常連になっていた自分。

 

今日は車椅子の人はいないの?

とか、

7合目はどしゃぶりらしいとか、頂上もずっとそんな感じだと

下山者の情報を集める。

 

集合して、雄叫びをあげるが、ていうか、

ここで帰るわけにもいかず、、、

 

6合目までは、まだ引き返すチャンスもあるので行くことにした。

霧雨の中、どんどん進む。

 

時折、大粒の雨。

要は、雨、霧、雨の連続だ。

 

今年は、視覚障がいの方が4名。聴覚障がいの方が2名。発達障がいの方が2名。

両足首に器具をつけてる人が1名。年齢も17歳から53歳まで。幅広、仕事も

多種多様だ。

3チームに分かれて、登っていく。

 

富士登山は人生の縮図だ。

僕の名言ですが、、、

 

登りはじめと最後の岩場は、視覚障がいにとっては、難関な場所だ。

サポートも大変だ。

 

足を右、左、もうちょっと前へ。そして、足がすべり、

どすんとすべることになる。

 

それでも、前へ、前へ。

 

6合目に到着。

 

リーダーが集まりミーティング。

まだぎりぎり引き返すチャンスがあるので

本6合目まで、行くことに決意。

 

まだ、高山病はいない。

ただ、少しづつ、雨で体力が消耗していく。

手がどんどん冷たくなってくる。

雨具の意味がなくなってくる。

リュックカバーを忘れた人が着替えが濡れ出すということも。

又、靴の中がびしょびしょになり、思った以上に寒くなってくる。

 

今回は僕が先頭を歩く。

後ろのそれぞれの声が僕の耳に入ってくる。

雨の中を傘もささずに歩いたのは、生まれてはじめてだとか。

こんな霧を見たのははじめてだ。とか。

みんな疲れてくると、冗談が少なくなり、息が早くなってくる。

 

そうすると、僕は、休憩をいれるというペースを保っていた。

 

チームの編成を変えてみたり、又、それぞれの体調を確認しながら、、、

前へ、前へ。

 

今年のチームは、結構結束力がよく

十分全員登頂できる可能性の高い感じはある。

後は本当に天気のみだ。

 

東京に大雨が降っている。

川崎に大雨警報がでた。

 

さすがにみんなの情報は早い。

10年前と比べて、スマホの防水機能がすごいのがよくわかる。

 

本6合目に到着。

不思議なもので、下山するチェックポイントにつけば雨が弱くなる。

そうすると、又みんなの士気があがる。

 

反対だったら、どんなに決断が容易になるか。。と思ったほど

 

ここで下山を決断すると、今夜中に東京に帰ることができる。

ここで、登ることを決断すると、明日の昼まで、帰ることができない。

 

又、過去2回のつらい暴風雨を思い出す。

 

もう一度リーダーを招集。

本7合目の宿まで行くか?引き返すか?

 

結局、行くという決断をした。

決めたら、もう盛り上げていくしかない。

 

そして、登りはじめる。

 

2名、高山病の予兆がではじめた。

雨や、寒さは、相当口すっぱく言ったので、今のところ、

なんとかなっている。

 

そして、午後17時30分くらいに7合目に到着。

 

ここからは、気候が少し変わる、気温も10度は下がる。

雨の量も多くなる。そして、夜だ。

 

ライトを装着してもらい、出発することにした。

一瞬にしてあたりは真っ暗。

そんな中、5合目から一人でおっかけてくる女性もいた。そちらも

連絡をとりあいながら、ゆっくりと、大雨の中をあがっていった。

 

途中で、雨が強くなり、霧が濃くなり、前が一瞬何も見えなくなった。

つまり、道がなくなった気がした。

 

ひょっとしてブル道に入り込んだのではないか?

このままあがって大丈夫か?

 

あがって引き戻ることもできないので、少しづつペースを落としながら、

前へ、前へ、

雨と冷え、そして、真っ暗の不安。みんなが、声をかけあっているのがわかる。

 

法政大学の登山部の部長とリーダーに今の先にこのまま行って、

道が正しいかを見てきてもらいながら、少しづつ、前へ、進んでいった。

 

しばらくして、一瞬、霧が薄くなった時、宿からの光が、見えた。

道が確認でき、前へ進むことができた。

 

今になっていうが、これが、雨の富士登山の危険なところだと思う。

同じような道が折り重なっている場所があるため、

標識がないとなると、こういう危険がある。

 

又、これくらいの雨になると、富士登山へのツアー客はだれも来ない。

よって、前も後ろも人がいない。

 

僕らは行けるとこまで行くというのが原則。

 

責任者として、ほっとした。

 

そして、なんとか本7合目見晴館に到着。

雨が滝のように降り続ける。

 

全員で宿に一気に入ることはできないので、そこは体力の消耗している人が順番。

最後の人は、20分は、雨に打たれていただろうか?

 

食事の前に、又リーダー達と相談。

 

全体の健康チェックと疲労度のチェック、

今後の雨の様子と、ご来光の可能性、

などを話しをし、雨の疲労が激しいということと、

ご来光は見えないということ。

登頂前の雨の中の渋滞と冷えと疲労を加算して

下山への体力を考えて、今回は、ここまでという

判断をしました。

 

残念でしたが、みんな以外にもあっさりと

受け入れてくれました、まずは、安心。

 

朝はゆっくり5時に起床。

6時から準備をし、7時から下山。

大雨と思っていたが、霧から、時おり晴れも見えて

そのタイミングで下山をスタートしました。

 

砂走りも洪水になってなく、ひとまずは、安心。

途中で、霧が又濃くなり、下山手前では、又大雨となりました。

 

登頂はできませんでしたが、富士山はこれからもあるはずです。

ダイバーシティー富士登山も安全を前提に挑戦している限り、続くはずです。

 

みなさん、様々な思いと、経験を持ち帰って頂いたと思います。

 

そのそれぞれの挑戦が世の中に広がっていくことを祈って、

重圧から解放されて、眠りにつきました。

 

みなさん、本当にお疲れさまでした。

そして、準備、協力、ご参加して頂きありがとうございました!

 

感謝@挑戦 

 

 

 

 

 

 

 

最後は天気

正月明けから続いた、ダイバーシティー富士登山の準備も

だいたい終了しました。

 

土曜日、日曜日、月曜日と続いた、チームごとの飲み会も

終了し、少しづつもりあがってきているところです。

 

今年も静岡新聞さんのご後援も頂き、

理事長としての重責がのしかかってきています。

 

さて、安全の前提として、山ですから、天気です。

富士登山をしはじめて、10年たちますが、

事故が起きてニュースになるのは、その天気の誤りが多い

ことに気づきます。

 

出発してから、到着するまで2日間ですから、その分の

山の天気を予想するのが責任だろうと思ってはいるが

それは、気象学者じゃでもないので難しい。

 

太平洋上には、台風のようなものが2つ。

前線も梅雨が終わったのにある。

 

雨が強く、風が強くなり、気温がさがって、途中で遭難しかけたことを

思い出す。

 

東京駅に集合し、5合目まで到着し、準備をし、

行き盛んとなった時、

晴れ間も見えているけど、中止というこの無念さと覚悟。

 

今から自分がもっておかないと、到底みんなに簡単に言えることではない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人生最後の講義

人生最後の講義

 

余命半年と言われたカーネギンメロン大学のランディパウシュ教授

の人生最後の授業をこの間衛星放送で見た。

 

エネルギッシュで、でもユーモアたっぷり、

一生懸命、これから生きる若者に伝えたいことを伝えている。

 

こんな師でありたい。常にこうありたいとそう自分も思った。

 

その中で印象的だったフレーズをピックアップ

 

まず自分が動きだすことでうまく行く

 

批判してくれる人を大切にせよ

子供の頃の最初の夢はフットボールの選手。そして、スクールのクラブ。ジム・グラハム監督から私が学んだこととしては、練習のやり方があります。彼は私を厳しくしごきました。「そうじゃない、そうじゃない、もう1回やり直せ。何回言わせるんだ。後で腕立て伏せやっとけ」といつも言われていました。それらがすべて終わると、アシスタントコーチが私のところに来て言いました、「グラハムコーチにだいぶしごかれてたみたいだね?」。「ええ」私は答えました。彼は言いました、「いいことだ。君がへまをしでかして、誰も君にそれ以上やれと言わなかったら、それは君に見切りをつけたってことだ」。この教訓は、それ以降ずっと私の人生につきまといました。何かをやったときに上手くできなくて、誰もそれについて何も言ってくれなかったら、その場所は離れたほうがいいあなたを適切に批判してくれる人、あなたの家族は、あなたを愛しているからこそ、ちゃんと批判してくれるのです。

 

 

立ちはだかる壁には理由がある

でも、思い出して下さい。壁にぶつかったら、その壁にはかならず理由があるということを。

壁は夢を諦めさせるためにあるのではありません。私たちがどれほどその夢を達成したいか、その本気を示す機会を与えるためにあるのです。なぜなら壁は、その夢にそこまで本気でない人たちを諦めさせるためにあるからです。そう、「私以外の人々」を諦めさせるためのものでした。

 

講義全文を読みたい方はこちらへ

 

 

 

 

 

 

ダイバーシティー富士登山2017 説明会

土曜日はNPO法人TEAM挑戦ダイバーシティー富士登山2017

の説明会でした。

 

超炎天下の中、皆様お集まり頂きありがとうございました。

 

そして、準備をやってくれた仲間達、本当にお疲れさまでした。

段々と僕がいなくてもできる組織になってきているのは、とても

嬉しい限りです。

 

説明会は、最近とてもよく利用させて頂いている

肥後藩松聲閣(文京区)

駅から少し遠いですが、富士山に比べれば、近い話です。

 

何よりも美しい日本庭園に囲まれながら、古き日本の建物で開催することは

とても誇らしい場所だと思います。

 

説明会が終わってからも、今日までに更に申し込みが4名も増えたということは、

その説明会がとてもよかったという評価だと思っています。

 

それぞれが仕事があるにも関わらず、時間をつくり、学び、考えたり、

実行したりして積み上げていく。

 

志を同じくする者が相集う。

こんな誇らしいTEAMになっています。

 

さあ、今年もやってきました。

 

本当のダイバーシティーとはを世の中に発信する大切な事業。

みんなで、体感し、どんどん世界に発信していきたいと思います。

 

あとは、天気だねー。

 

 

↓車椅子自力富士登山プロジェクト推進中。の

長屋さんが、駆けつけてくれました。

今年は、富士登山専用車椅子の製作に専念するのですが、

僕と一緒にトークショーをやりました!

 

↓会場は、まだ固い感じですが、少しづつほぐしていきます!笑

 

全ての準備は自分達でやる。

それもダイバーシティーだから。

障がいがあろうが、なかろうが、です。

仮に障がいがあっても、さぼっていては

この組織の意味はありません。↓

 

 

↓視覚障がいの登山、予行どおり行けたかな〜?

 

↓今年も3チームに分かれます。

照れ臭そうに自己紹介からはじまります!

 

↓懇親会は、庭園でのんびり。

のはずが、炎天下。。

 

今年のメンツです!また新しいドラマが初まるんですね!

第53回朝勝つセミナー

第53回 朝勝つセミナー

 

本日も朝からご参加頂いた皆様

大変お疲れさまでした。朝勝つの日は長いねー。

 

16名のご参加でした。

まずもって、福岡の豪雨被害に遭われた皆様

心からお見舞い申し上げます。

 

今日の話。

 

みなさんの各自の近況

 

永田町で集めた裏話。

IS関連

北朝鮮

国連軍

アメリカ

韓国

最近の官僚

 

最近の私のブログから抜粋

本日の日経新聞から抜粋

そして、

己勝に関して質疑

 

と、もりだくさん

 

7時から8時40分まで、がっつりでした。

やっぱり朝は気持ちいいですねー。

 

また来月もお待ちしております!

 

12345>|next>>
pagetop