July 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

応援有難うございました。

2回目の東京マラソン
前回出場の時は2008年。まだ2回目の時でしょうか?

今回の僕の目標は4時間40分を切るという目標。
この設定は何かというと、歩かないという決意です。

ずっと走り続けるという決意のあらわれです。

これでいくと、だいたい30分が5キロ。
これで4時間。

最後の15分をあわすと、4時間15分。

スピードが落ちることを想定したり、して4時間30分。

トイレをふくめ、4時間40分を想定しました。

朝は雨もふくめ、少し気温が低い感じ。

9時。スタート。
今年はとても海外の人が多かったなあ。と思いました。
昔と違って取材の数もすごかったですね。

応援はすごいです。
僕は毎年柴又の100キロマラソンに挑戦していますが、
100キロは距離もさることながら、ほとんど人はいません。
こちらはまさしく自分との戦い。
東京マラソンは、本当にお祭りですね。常に多くの人が
応援してくれています。

人生で、こんなに頑張ってと言ってもらえる日はないと思います。
だから、どうも照れくさいですねー。

沿道でわざわざ、寒いのに待っていていただいた、朝活の生徒さん。
有難う。
まだ、新宿あたりは人が多く、見つけられませんでした。
今度は大きなのぼりがあればですね。

曙橋では、先生達と生徒達に会えました。
教室の前に来たのでふと見たら、手をふってくれていました。
これは、さすがに感動です。

障がいをもっていても、強く、強く生きていってほしいと、
走りながら思ったし、また、自分ももっともっと強くならなきゃと。
改めて思いました。

田町をすぎて、品川の20キロ折り返し地点。
タイムはそこそこ順調。

そこには、また、仲間が。
これもうれしかったです。
まさか、そんなとこにいると思ってなかったので、

僕は、できるだけ、沿道から離れたところで、
自分との戦いのみに集中していたので、突然の
呼びにとてもびっくりしてしまいました。
本当は、少し話たかったのですが、まだ、折り返しなので、
手をふってわかれました。

さて、後は、銀座です。
銀座から、浅草は、結構きついのを経験しているので、
ここでも、できるだけ、淡々と走ることに気をつけました。

だから、シャネルもアップルも何も見えていません。

でも、やっぱり、浅草折り返しの後、
トイレをもよおしてきました。

空いているところをあらかじめ、チェックしていたので、
そこで、5分程度のロス。

でも、トイレをしながら、足をマッサージしながら、栄養ドリンクを
のむことができたので、後半戦に臨むことができたかと思います。

銀座まで戻ってくれば、
33キロ地点。

後、9キロ。

さあ、ここからが実は勝負です。
豊洲方面へのバイパス登り勾配です。

ここは、歩きたくない。絶対、歩かないと誓った場所です。
僕のまわりは、だいだい4時間前半。ちょっとがんばると3時間台の人が多く、
それでも、
何人かは、登りは、歩いている。
確かに歩いたほうが、体力の温存ができるが、精神的に、歩かないと決めた場所。
みんな、ここが勝負だと頑張っている。
ここは応援もなく、黙々と行くところなんです。

そして、そこをおりると、友人の住む、超高層マンションを通り過ぎると
後、3キロほど。

いつも思う。
誰が42、195キロってきめたんだろう?
40キロでいいのに。
この最後の3キロほどが、相当きつい。

そして、やっとゴール。
フルマラソン、それはそれで、学ぶことが多いね。

自分の人生を楽しむ。
自分がゲインを超える挑戦をするから楽しい。
苦しむを超えるから楽しい。
挑戦をするから楽しい。
仕事も、マラソンも、人生も。



走り終わった後、携帯を見たら、ラインや、メール、多くの人々に
応援してもらっていたことがわかりました。
(そう思ってなかったので、本当にうれしかったです!ありがとうです!。)















 

スポンサーサイト

comments

完走、そして目標の4時間40分切りおめでとうございます!

  • ヒガシ
  • 2015/02/27 11:19 PM
   

trackback

pagetop