June 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

NPO法人第41回理事会

昨夜はNPO法人TEAM挑戦にとって総会に次いで

大事な理事会が開催されました。

 

17名の参加で、みなさんの関心の高さを伺えます。

 

審議事項では、

1、会費制度の変更

発足から10年、法人化創業から早3年を迎え、組織の方向性を見極め、会費制度の変更となりました。

 

2、臨時総会開催の件

会費制度の変更に伴い、臨時総会でみんなで決議したいという要望です。

 

3、ダイバーシティ富士登山2017の審議

前回のTEAM長屋さんのヤマハ本社での

打ち合わせに合わせ、ぎりぎりの本年度の審議上程になりました。

本年のテーマは、未来に挑むです!

ルートは、TEAM長屋への下見も兼ねてブル道、下山道という

厳しい行程ですが、皆さんの参加をお待ちしております!

募集は、5月8日(月)スタートです。

定員50名で、定員になり次第締め切りです。

今年は、5月8日(月)募集開始初日に即座に締め切りたいと思いますので

準備のほど宜しくお願い致します!

 

続いて討議、報告事項です。

1、100年未来プロジェクトの2017年の討論会の討議です。

100年未来プロジェクトは、TEAM挑戦にとっては重要なテーマだと思っています。

議論を年輪のように重ねていくことが、多くの人を巻き込むきっかけになり、

少しでも多くの人が価値観をすりあわせることができれば、無意味な争いがなくなったり

子供達の教育目標や政策目標を策定しやすくなるという目論見です。

世界の注目の的になる事業になってほしいです!

 

2、前回のアカデミアセミナーの報告がありました。

各国での1万円の価値という題目で議論するアカデミアセミナーでした。

あまり、会社以外で、企画や運営をやってこなかったという新メンバーが

努力して開催できたことにも意義はありますが、もっともっと世界に

注目してもらえるよう、今後も継続していきたいと思いました!

 

3、ダイバーシティ富士登山 TEAM 長屋のヤマハ本社での打ち合わせ報告

テレビも参加したこの会議の報告を伝え、TEAM挑戦のメンバーであることを

誇りに思ってもらい、自ら動くことが、自らにしっかり帰ってくることも

実感してほしいという思いがありました。

もっともっと度が過ぎるくらい熱く社会変革をしていきたいと改めて思います!

 

4、地球未来創造委員会の委員会開催報告

多くのメンバーが加入してくれているおかげで、委員会制度が起動にのってきました。

委員会で、メンバーが活発な意見交換と、実施に向けて話をしてくれていることを聞き

本当に嬉しいです!

10月の夢サミットが本当に楽しみです!

 

5、広報委員会の委員会開催報告

TEAM挑戦の中では一番ダイバーシティな環境の委員会です。

ウェブの製作やら、発信、取材、広報誌の製作など、積極的に情報保障を

取り入れ、議論していただいていることを聞きました。

うれしい!

 

6、会員開発委員会の委員会報告

第1期の新メンバーが卒業し、一挙に何十人もの人数が卒業し

また、4人と少なくなりますが、今年の夏を超える頃には、

また何十人という人を抱えることになる、フレッシュな委員会です。

 

思いを形にし、発信していくには、組織拡大は重要な委員会です。

頑張ってほしいです!

あっもちろん私も先頭切って走りますよ!

 

最後に監事の先生から講評を頂きます。

社会を引っ張るリーダーなら、仕事を理由にして、遅刻をしないよう

というきついお言葉と

委員会制度が少しづつ機能してきたというお褒めの言葉を頂きました。

 

今後も着実にTEAMを前に、前のめりに進めていければと思っています。

 

 

みなさんよろしくお願い致します!

 

NPO法人TEAM挑戦

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AI

 

 

凛太朗作

 

AIが普及すると、

経済は効率化が進む。

 

どう使うかは、自分次第。

 

何もかも便利になるのでなく、何をどう使い、どう使わないか。

そこを考えて生きていくのも

人間としての知恵でもある。

 

無人レジ

何十年も前からアメリカでは無人レジが

あった。

 

治安がいいはずの日本でどうして、無人レジがないのか?

 

自分なりに、回答を探していたら、

無駄なサービスにたどりつく。

 

そこまで、する必要のないサービスが、当たり前になっている

日本では、なかなか導入しにくいのだと思うことで、

胸に落としていた。

 

しかし、東京のコンビ二や店舗などの店員のサービスは大阪人の

僕にとっては、いらっとくることが多い。

 

返事ができない。ありがとうございます、が言えない。

こちらが、手でお金を渡そうとすると

そこにおけと命令したりするやつまでいる。

 

なら、いっそ、無人にしてくれと思う。

 

関西は無人はいやだ。

むしろ、一生懸命やっている店員としゃべりたいくらいだ。

 

世間話がほっとさせる。

 

たまにおまけがあったり当たりがあったり、

暑い、寒いの話があったり、

丁寧すぎるくらい道案内をしてもらったり、

もういらんというくらい、新商品の案内をしてもらったり、

聞かんでもいいことを聞かれたり、、、

合計金額が777円ならもう大騒ぎだ。

 

そういうちょっとしたコミュニケーションが

サービスの本質であって、

そんなことができないのであれば、

 

無人でいいと、思う。

もっともAIロボットが全員関西的ロボットだと

空気を読めるくらいのが欲しいけど。。

 

 

凛太朗作

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全てに意味がある

先週も大変な1週間でした。

 

朝起きると、夜ばたんと寝るまで、

緊張感を保ちながら生きている。

 

生身の人間と対対で勝負していく。

 

戦う同士になったり、むしろ戦ったりあっという間の1週間です。

 

僕にとって、無駄な時間は本当にない。

全ての時間と全ての行動に自分の納得をもってスピード感をもって

動いていく。

 

そういう有の空間なんだけど、無の境地の中にいれる

自分を、いつも幸せだと思う。

 

この歳で、まだでっかい夢に向かえてることに本当に感謝している。

 

生きているっていいよ。本当に。

 

自分に勝つこと。それが、そう思えるためのまずは第1歩かなー。

 

 

 

 

ゴールをどこに置くか

何をするにもマックスをイメージできるかどうかに

結果が違ってくる。

 

ゴールの設定

それだけでもう差がついている。

 

常に何をするにしても正しいマックスのゴールとイメージが

成功への第1歩であると思う。

 

 

凛太朗作

 

1位はなんでも嬉しい

土曜日、某IT会社のゴルコンペでした。

 

沖縄の最終2ホールから、打ち方を変えたので、

不安だらけでスタート。

 

一番ホールで、右の林へ。

 

ドライバーのみ、安定。

アイアンは、ぼろぼろ。

グリーンまわりもぼろぼろ。

 

パットは、ぱっとせず。

 

 

それでも、経験だけは豊富なので、なんとか、

90台(ぎりぎり)で抑え、

ふたをあければ、優賞とニアピン頂きました。

 

1位はなんでもやっぱり改めてうれしく。

 

静岡あさひ放送さんから、うなぎを頂きました!

(実は2日前に浜松にいましたが、、、)

 

おっさん連覇。若造!隙があったらかかってきなさい!

(寛平ちゃんのギャグでした^^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

洞察力

空気を読む。

洞察力を磨く。

 

まさしく、今の外交に必要な緊張感が生まれている。

経営もまさしく同じ。

洞察力がない人がトップだと、次が予想できない。

 

スパイのような洞察力。

 

ないと、経営なんてできない。

 

 

凛太朗作

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人口1億割れ

日本の人口が減ってきているという問題。

 

これは問題なのか?

 

適正な人口とはどこらへんなのか?

人口が減ってきていても、経済効率を上げる努力をすればいい。

 

経済効率を上げても、今度は消費があがらない。

 

ということは、一人一人の懐は増えているはず。

 

じゃあいいはず。

 

なのに、デフレに向かうのではないか?とか

過去のバブルを夢みて、景気が悪いだの。

 

僕は、今の日本はいとまず、よしというところから

スタートし、

30年後、50年後、100年後を議論してほしい

 

人口1億割れ、

だけでは、

 

なんも解決しない。

 

障がいは学ぶための障がいではあってはならない 

障がいをもっていることが、学ぶことや教えることの障がいであってはならない。

 

僕の両親は、全盲でも音楽の高校の教師をやり通していた。

 

どんな障がいをもっていようと、音楽を教えるというモットーだ。

 

そういう思いを形にして頂きました!

 

正直嬉しい!!

 

エブリバ

 

 

<<back|<12345678>|next>>
pagetop