June 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

起業から上場までを学ぶ教習所のように体系的に学べるOnes School

起業から上場までを体系的に教習所のように学べる

学校があればいいと思ったことありませんか?

 

起業って何?

リスクをできるだけ避けたい。

何を知っておかなければならない?

それを、手短に、車の運転を学ぶように

学べます

 

そんなスクールを始動します。

 

まずは、プレミアムクラスの前の(ワンデイスクール)へ

 

大きな体系を学び、自分の力を試してみるにはいい機会だと思います。

 

僕の夢でもあったこの学校

ぜひ、お待ちしております!

 

 

詳細は、

 

Ones Scool  まで!

 

 

 

 

 

 

 

 

熊本への貢献

震災から1年。

僕なりに、考え、TEAM挑戦とともに、訪問し、活動したり、

また、熊本城復興署名活動を行ったりしてきました。

 

東京にいると、少しづつ、思いが風化するのを感じながら、

でもでも、まだまだやれることは沢山あると思います。

 

子ども達のために、夢をもって、大きく、羽ばたき、それが、

地元の活性につながっていくようなことをどんどんやって行きたいと思います。

 

10月には、熊本の先生達の前で、お話しする機会もあるようで、

とても楽しみにしています。

 

震災前より、元気になってほしい。

そう願うばかりです。

 

黙祷

 

車椅子で自力登頂を目指すTeam Nagaya

ダイバーシティ富士登山

車椅子で自力登頂を目指す

TEAM 長屋編

 

昨日木曜日は、全体打ち合わせのために、

関係者全員が、静岡県磐田市のヤマハ本社に集合しました。

 

ヤマハさんからは、総勢10名、そして、制作の株式会社ミキの芝崎社長

TEAM挑戦からは、3名、のち懇親会からプラス1名。合計4名

長屋さん、そしてテレビ局と

大事になってしまった、この会議。

 

まずは、

 

本当にやりましょう。

どうせやるなら、、、、

ああしよう。こうしよう。

というぶっちゃけトーク

 

全員の気持ちがしっかりと固まった日でもありました。

時折僕も話しなががら、感銘を受けたり、ものづくりのプライドをみたり、

遠慮気味な会話もしっかりと歯車があってきました。

 

とくに、この場に全員が定刻に揃ったことが、まずは、この会議の成功だったかもしれません。

 

出会いは縁、縁を強い人生の絆にして行きたいと改めて思いました!

 

3時間の熱い会議の後、浜松へ移動し、地ビールで乾杯。

僕は、ワインに移行し、ちょい暴走。

 

もっと本当は暴走したいとこをぐっと抑えて、帰京しました。

 

最終のひかりに乗り込み、走り始めて、

改めて、

 

TEAM挑戦の魅力を感じ、みんなに伝えて行きたいと思いました。

そして、

多くの人の思いの上に、様々な目的やミッションがあり、

それらが、オーケストラのように奏でることで、

成果が生まれてくるんだということを改めて思いました。

 

背景、歴史、仕事、行きている場所、年代が違っても、

心が通じた素晴らしい時間でした。

 

このTEAM NAGAYA

しっかりと成功させると改めて、強く誓いました。

 

皆様これからも宜しくお願い致します!

 

 

 

 

 

第1回100年未来プロジェクト提言書 国会図書館へ

朝勝つセミナーの後、桜舞い散る中

国会図書館に、我がNPO法人TEAM挑戦の100年未来プロジェクト

第1回提言書を収めにいってまいりました。

 

これで、誰でも内容を読むことができます。

 

国会図書館の目的のひとつに、(100年後も読みたい)という

スローガンがあります。

 

100年後に読んでほしい。そして、みんなで100年先をまた予想してほしい。

100年先を考えるきっかけになり、そして、行動してほしいという

思いをもって、作成しました。

 

この提言書は第100回まで続くはずです。

 

その意味も込めて、持参いたしました。

 

みなさん、ぜひ、読んでください!!

 

 

 

 

 

法雨室長をはじめ

みんなの力です。もっともっと発信して行きましょう!

沖縄の音

僕は両親が目が不自由であったため、音には、敏感

 

那覇空港におりると、たくさんの軍用機、戦闘機が飛んでいる。ものスゴイ

爆音で戦闘機が飛び立つ。

 

そして、街には、多くの基地がある。見慣れない車や、見慣れないナンバープレートもある。

 

ゴルフをしていても、戦闘機が頭の上を飛び、あちこちで、射撃の音が聞こえる。

 

沖縄の島は、まだまだ、こういう状態である。

 

だからこそ、もっと、密接に、本土と理解しあってほしいと願う。

第48回、49回 夜勝つ、朝勝つセミナー

夜勝つ、朝勝つ、

 

さて、沖縄の翌日の夜、

夜勝つとそして、翌日の朝7時からは

朝勝つセミナーでした。

 

みなさんご来場ありがとうございました。

 

僕の喋りは、大金をはたいても価値があると

友が言うのですが、この朝勝つと夜勝つにおいては、

ボランティアのつもりでやっています。

 

気安く、聞きやすく、

少しでも身近に緊張感を持って人生を歩むそして覚醒していって頂く

ことが、国家への恩返しにつながると信じてやみません。

 

それだけに、体にムチを打ち、(いやむしろ快感ですが、、^^)

話し続けるのですが、

 

できるだけ、誰も傍観者になってほしくなく、

できるだけ多くの人が少しでも多くでも挑戦者、当事者になってほしくて、

 

今回は、夜勝つでは、NHKの西川さんが

済州島での100キロマラソン 

http://go-samurai.jugem.jp/?eid=1797

宮城さん(全盲、難聴、56歳、2人の子持ち、夫も全盲、)のレポートでした。

 

感動的です。

 

僕が伝えたかったことは、それを想像する力がありますか?

もし、自分が宮城さんだったら?

を極限まで想像できてますか?

 

それが、自分の次の力になるということです。

 

ただ、聞いて、ただ、ふーんでは、このセミナーに足を運んでいる意味がないんです。

 

という話しになると僕も血がどんどん流れはじめ、力が入ってきます。

 

結局、セミナー終了が22時前、2時間30分もぶっ通しで話ししてしまいました。

よく朝7時も同じ状態です。

 

少し時間が短い分、もっと力が入ってしまいます。

 

政治、経済、そして、参加者の人の挑戦するヒントを探して、

面白おかしくセミナーをするという本来の趣旨に近づいてきている感じはあります。

 

今後とも宜しくお願いいたします

 

次はだい50回です!5月9日(火)の夜勝つ

5月10日(水)の朝勝つでお会いしましょう!!

 

 

 

 

 

 

 

沖縄ゴルフ

毎年 親友の化学者と一緒に高齢な2人は恒例のゴルフ旅行に出かける。

今年は沖縄です。

5月に男子ゴルフツアーが行われる、喜瀬カントリークラブだ。

 

先週の土曜日、彼の沖縄での講演会と僕の宮崎の出張を組み合わせると

都合がいいということで、(現実には僕の宮崎出張は少し後ろにづれたのだが)

いってきました。

 

彼の講演会が終わる会場で待ち合わせ、即那覇市内のホテルにチェックインしたと思えば、

いきなりバーで乾杯。

 

とにかく2人の話は面白い。いずれまた、どこかで、一緒に講演会をやってみたいと思う。

共通項は、成り上がりの経営者、とスポーツはアスリートということ。

でも彼は、理系。僕は文系。

行きてきた道は大いに違う。

得意な分野も違っていて、マネジメント手法も違う、

そこが面白く、また以外なところに共通項もある。

 

化学の分野から宇宙まで、

経営の話から、

これからのことまで、

 

こんなに話をしていて飽きないのはなんでかと思うほど。

 

バーでそこそこ飲んだら、今度は国際通りに繰り出し、

沖縄料理へ。

しこたま飲んで、食べて話して、最後の締めは屋台のソーキそば。

 

もう飲めません。食べれません。状態で、初日は終了。

 

翌日も朝7時に起きて、またバイキング。

もう食べれません状態で、那覇から喜瀬カントリークラブへ車で移動。

 

天気は、曇りと風、少しはれ。

2時間の練習の後、いざ、チャンピョンコースへ。

 

スコアは、さておき、、、大変いいコースでした。

 

夜はなんと、コースをみながら、バーベキュー。

夕暮れ時の海の見えるコースをみて、ゆっくりビールを飲み、

また、色々な未来の話しができました。

 

喜瀬カントリーは、以前は、クラブハウスの上で宿泊したのですが、今回は

なんとゴルフ場の計らいで、テラスハウスにとまることができました。

2部屋のツインルーム、真ん中に大きなリビングルーム、庭、

プール。

なんとも豪勢ですが、酔っ払いのおっさん2人には、似合っているのか、いないのか。

 

プールサイドに蛇がいるとか、

おばけが覗いているとか、、、

わーわーいいながら、談義は続いていきます。

 

もうどこが、夜で、どこが朝かわからない、タフな旅行ですが、

この朝も友は2時に寝て4時30分に起きてマスターズを見るという

暴挙に出ます。

僕も5時30分に起きて、6時30分に朝食を食べ、なんと6時50分にスタートをするという

超ハードなスケジュールです。

 

さあ、そこから、一気に1、5Rをスループレー。

つまり前日に18ホール この日に27ホールプレー

つまり45ホールを回ることになるのです

 

天気は、曇り、強風、そして、雨です。

 

スコアは僕は90台で友はやはり80台。

 

そもそも、こんなけゴルフをすると、やっぱり自分が下手であることに

気づく。

以下に論理に矛盾点が多いかもわかる。

でも、自分流もある。

 

その折り合いをつけながら、今回の旅行は、全敗してしまった。

 

悔しいけど、最終2ホールでやっとゴルフの神の光も見えました。

(まあいつも言っていることなんですが、)

15時くらいに終了し、そして昼ごはん。

風呂に入り、空港へ移動。レンタカーを返し、空港についたのが、17時過ぎ。

19時30分の飛行機まで、今度は、反省会ビールと沖縄料理。

 

飛行機は低気圧の影響でだいぶ揺れましたが、

22時過ぎに羽田の到着。

 

とてもタフで元気なおっさん2人の旅行は終了しました。

 

仕事なのか?遊びなのか?成功して、まだ挑戦している2人にとって

そんな質問はもはや愚問です。

 

よき友とよき旅

 

それに尽きると思いました。

 

リベンジ、楽しみです。

一歩一歩!

 

 

 

 

積もり積もりが大きな違い

一日一歩の違いは

見る人から、そんなに大きな差はない。

 

まあ、がんばっても誰もほめてくれないし、いつでも抜かれる。

 

でも、365日積もり積もれば、365歩の違いになる。

 

10年だと3650歩の差になり、もう見えない程の差になる。

 

一歩一歩積み上げること、

目立つ差を求めるのなら、

目立たない、誰も絶賛しない、一歩一歩を積み上げること。

 

凛太朗作

景気の実感

景気の実感

普通の家庭では、まだまだデフレ脱却とはほど遠い

 

だから、こそ、もっともっと経済活性!

 

 

凛太朗作

そうはいっても

強い意志を持って

鐘を鳴らすことを誓って

どんなに強い人でも

 

たまには、負けることもあるんよ。

 

そんな時も許容しながら成長していく。

 

頑張ろう!

 

 

凛太朗作

<<back|<123456789>|next>>
pagetop